single.php

「心に届くタイミング」

受験生の娘に合格の便りが届きました。

その娘が学校帰りに買ってきた!と見せてくれたのは、HPのホートン図書で紹介されている「ぼく モグラ キツネ 馬」の絵本でした。

紹介されていた絵本の言葉を、頑張っている娘にLINE で送ったことがあったのです。
その時、娘は何も言わなかったのですが、その言葉を書きとめて勇気づけられていたようです。

「あの時はつらかったからしみたんだよね。」と娘は言います。

早速、絵本のページを開いて一緒に読んでみると、向き合ってきた日々が重なり、「しみる~」と一緒にしみじみ。感じられるということを嬉しく思いました。

絵本の言葉に『涙がでるのは、きみが弱いからではない。強いからだ』とあります。

受験を通して「楊枝みたいだった自分の軸が、屋久杉みたいになった!」と話す娘ですが、今でも自分の気持ちを言葉にしながら、涙がポロポロ流れている女の子です。
自分に正直になるには勇気が必要だったりします。

そして絵本で私が一番心にしみたのは、
『成功することってどんなこと?そりゃあ、だれかをすきになることだよ』というところです。

娘がその言葉に「しみる~」と、もう感じているのか?これから感じる時がくるのか?

いつも心に届くタイミングを、楽しみにしながら生きていきたいです。

皆さんも、「ぼく モグラ キツネ 馬」よかったら読んでみてくださいね。

2021.11.8 H.Kawamura

公開日 : 2021-11-8 ホートンブログ

© 2022 HORTON-inc.
All Rights Reserved.