single.php

「倖大、死にかける(本人談)」

夏休みに突入して早々に、倖大が私のベッドの横で突然倒れてしまいました。
私もヘルパーさんもみんなビックリして倖大に話しかけると、意識ははっきりした様子なので少し安心しました。

本人に確認してみると、壁にかけてあるカレンダーを見にきたら突然立ち眩みがして倒れてしまったとのこと。

しかも倒れたときに棚に顎をぶつけてしまったようで、下唇の下がざっくりと切れてしまっていました。
主人が病院に連れて行ったのですが、やはりけっこう深く切れていたようで2針縫って帰ってきました。

倖大にとってなかなか波乱の夏休み突入となりましたが、どうも本人を見ていると、このケガのおかげでその日の塾を休めたことをラッキーと喜んでいる様子です。

翌日には唇が大きく腫れてしまい、かなり痛々しい様子でした。
口の中にも大きな切り傷ができてしまい、そこに食べ物が染みて痛くなり食べにくいようなので、ヘルパーさんにお粥など食べやすいものを作ってもらい過ごしていたのですが、3日ほどで腫れがひき、なんと1週間ほどで抜糸して完治してしまいました。

若いと傷の治りも早いんですね、新陳代謝って素晴らしい。

なにはともあれ夏休み突入。

倖大は部活に塾の夏期講習にとがん ばっている様子です。
中2の夏休みが楽しく過ごせたらといいなと 思います。

公開日 : 2021-8-15 りえこ日記

© 2022 HORTON-inc.
All Rights Reserved.