single.php

父の遺伝?

これまで宝くじを買い続けて、かれこれもう30年近くになります。いままでに一番大きな当りだったのは「さよなら20世紀賞」の5万円で、それ以後は残念ながら大きな当りには巡りあっていません…。
それでも宝くじを買い続けているのは、私にとって宝くじが「父の夢の引継ぎ」だと思っているからかもしれません。

私の父も宝くじが好きでずっと買い続けていました。時にはスクラッチを何十枚も買ってきて私達子どもに削らせたりしていました。
しかも当選金は私達が貰えるという大盤振る舞いだったので、嬉々として削っていた覚えがあります。
そんな父ですが最後まで高額当選を引き当てることはできませんでした。父が叶えられなかった夢を叶えるため、私は宝くじを買い続けています。というと聴こえはいいのですが、単純にギャンブル好きが遺伝しているだけというのが現実のような気もします。

ドリームジャンボに夢を託し、それがだめならサマージャンボ、返す刀でハロウィンジャンボを購入し、余力で100円BIGとロトを購入する、そんな夢追い人な毎日を送っています。
ちなみに去年は親しい人と年末ジャンボ200枚を共同購入したのですが、見事にかすりもしませんでした…。

それでも世の中に当っている人がいる以上、いつかは私も当るはず!これだけレアな病気にかかったのだから高額当選するのが当り前!という強いメンタルで、これからも夢を追い続けます。
もしこの日記で「タワーマンションへ引っ越しました!」という報告が掲載されたら「とうとう夢をつかんだな」とご理解くださいね。

2022.05.15 Rieko

公開日 : 2022-5-15 りえこ日記

© 2022 HORTON-inc.
All Rights Reserved.