single.php

「光が差す方へ」

先日ある人に嘘をつかれていたことが、ひょんなことから判明した。

ショックとか怒りとかよりも、「へぇー」って感じだった。

この「へぇー」っていうのは、本当はショックや怒りがあるのかもしれないけど、そうしたくないからの「へぇー」で、なんとか平常心を保とうと心と身体が編み出したものだと思って
いる。

こういうことって、生きていればそこかしこに転がっている石みたいなものだと思う。

なんで正直に言ってくれなかったのか?

嘘つく必要なんてどこにあったの?

掘り返そうと思えばいくらでも掘り返せるけど、掘り返して良いことなんてひとつもない。
ドツボにはまって自分を苦しめていくだけである。

ちょうどその頃、フィギュアスケートの羽生選手が氷の穴に足を取られて4回転が出来ず減点になった時だった。それについて羽生選手がコメントした言葉にすごく助けられた。

この人は本当に正しい人なんだなと思った。彼の誰にも負けない圧倒的な強さが垣間見
えた気がした。

「氷に嫌われちゃったな。僕悪いことしたのかなって思ってます。一日一善だけじゃなく
て、一日十善くらいしないといけないかな」

このコメントを聞いて、モヤモヤしていた心がスッキリと晴れた。

人や物を責めたところで新しい一歩は踏み出せない。起こったことは起こったこととして、
なんとか気持ちを落ち着かせて、徳を積もうではないか。

そこには、きっと光が差すことを信じて。

2022.2.28 C.Saito

公開日 : 2022-2-28 ホートンブログ

© 2022 HORTON-inc.
All Rights Reserved.